旧型国電用の行き先シールを貼り付けて
ヘッドライトをタヴァサの物に交換
ちょっとサイズが小さくて残念
全金のクハとクモハが出たら買い足す予定



鉄道模型 Nゲージ

さて、今後どうしようか???思案中 
入手したらアップしたいと思います。




昭和初期から多くの木造客車が製造され
かなり長い間多くの人を運びました。
地方では貨車と混合で運転され
電車の車両数がまだ十分でない時代でしたので、
電気機関車やディーゼル機関車に
引かれた普通列車に乗る事が出来ました。
ドアは手動で、走行中でも開きます。
冷房も無く、夏は暑い。窓も木で出来ていて
まるで走る家具。シートは90度のリクライニング
無し。ボックスシートで、前の人と膝が当たります
そんな列車に揺られて、常磐線で上野から
仙台まで行ったり、新宿から長野まで行ったり
しました。腰が痛くなりましたが・・・。

HOME

113系用行き先表示シール




今回加工で苦労したワイパーも市販されていました



昭和40年代は、自動車よりも鉄道の時代で
蒸気機関車も元気に走っていました。
国鉄の様々な列車が何とも言えない風情を
感じさせてくれました。今はデザインも近代的で快適で言う事無いのかもしれませんが
自動車も普及し、長距離では航空機も速いし、
鉄道の活躍する環境も変わりました。
私は、昔の国鉄時代の車両が好きで
時々眺めて昔を思い出しています。
苦労して時間をかけて移動するのが旅だと
思っています。
ジオラマを作って走らせて鉄道ゴッコをする気にはなりません。どちらかと言えば
キットを組み立てる方が好きです。
ここでは、今まで集めた車両をご紹介致します。

サボシールを購入しましたので、早速貼ってみます


ヤフオクにて、衝動買い
キハ58x2
動力用にカトウのキハ58(M)
キロ28も追加購入
グレードアップシールがヤフオクのHGには
同梱されていたので、早速貼り付けています。
幌も黒の物を加工して追加しました。
顔が引き締まりますね。



クハ47 2ドア車で貫通幌をつけてみた。ヘッドランプが車外に
取って付けた様な仕様で、イマイチ
この段階では、行き先表示シールなどを貼っていないので
これから仕上げる予定
ワイパーは、ランナーを熱して細く伸ばして
瞬間接着剤で固定している。



EF64 0番台 トミックス製 
未使用品で長期展示品かもしれない。ヤフオクで1500円で入手
新品では5000円前後だと記憶している。
学生時代に、この機関車が客車を引く姿が懐かしい

グリーンマックスの客車シリーズです。
まるでプラモデルですよね。塗装前に同色のパーツを接着しておきます
成形されてしまっている個所は、後で筆で色を入れます。
たばこのサイズからその大きさがイメージ出来ると思います。

写真の車両は、すべてグリーンマックスの客車シリーズです。
車輪の部分はや動力車、パンタグラフは別のメーカーで
販売しているので、パーツをかき集めます。
塗料も調色済みで、スプレーや筆塗塗料も販売されています。
グリーンマックスではレアな車両が買え買え!と誘います。
旧型国電が前から欲しかったのですが・・・

湘南電車113系です。これはトミックスの初期型です。
かみさんの弟さんが亡くなられて遺品として頂いた物。
義父の仕事の関係でメーカーから貰ったと聞いています。
パンタグラフが破損していた程度で、しっかり走りました。連結器も無事
この電車は、最近まで元気に走っていました。
東京ー横浜間で数回乗りましたが巡航速度はかなり速い
湯河原や熱海でその姿を見ると、みかん色を感じました
私は八王子だったので、中央線の115系に多く乗りました。
形は同じですが、色が青とクリーム
最近では廃車が進んで、もう姿は見られないでしょう。

昭和40年から50年にかけて、金の無い学生が
遠出する時に夜行の急行B寝台は、とても狭い
ですが、何とも言えない雰囲気を味わえました。
特に写真の10系客車は、よくお世話になりました。
ブルートレインは20系客車で豪華な花形列車
高校の修学旅行で広島に行った時に20系の
寝台列車に乗れて、一人で喜んでいました。

写真のモデルは、完成品が無いので、
GMの未塗装キットを組立ました。
このページの下の方に制作の様子を載せて
あります。Nゲージは、線路幅が9mmしかないので
その小型サイズが想像頂けると思います。

写真右がC575で、トミックスの初期型です。
かみさんの弟さんが亡くなられて遺品として頂いた物。
義父の仕事の関係でメーカーから貰ったと聞いています。
ライトも無くモーターが不調な為、フロントに連結器を
追加し、重連用としました。
テンダーの中にモーターとギアが入っている為
取り除きました。
追加で購入したのは、カトー製C571で山口号モデル
美しいペイントと集煙装置付きでパワーもあります
茶色系の客車を引かせると様になります。

我が家の展示スペースもそろそろ限界かな・・・
奥行の関係で2両ずつ収納している
蒸気機関車は長いので一両ずつ
テンダーがなければ2両はいける
もう一段棚を追加する事も検討中




新しい仲間を購入 115系中央東線の普通列車と
クモユニ83 115系増結用のT車を購入し
クモユニをM車にして牽引する事にしました。
カトーの品質実にいいですね。しかも安い
残念なのが、側面の行き先表示部が
白いバックになっていればもっと良いのに




20系の列車表示とテールランプを追加しました。
よく見ると白いラインの塗装のにじみが酷いです。
ヤフオクの中古じゃ仕方がないかな




行き先方向幕を貼り、その後、サボと号車番号を
貼り付けます。方向幕はちょっと奥になってしまい
残念ですが、妥協ですね
老眼と戦いながらの作業でも楽しいです。







号車番号は、5で、特急の自由席のサボ
だいぶ雰囲気が良くなります



良く切れるカッターじゃないと無理ですね
刃先にちょこんと載っているのがサボです。



特急用と急行用それに号車番号シールを購入
小さくてカットが難しいぞ!
間を少しだけ開けた方が切りやすい
見切り線がないので、かなり慎重に切らないとダメです。



またしても、ヤフオクにて、衝動買い
キハ20x2とキハユニ26x2
キハユニ26には動力ユニットを無理やり組み込み
走れる状態になっています。
八高線や相模線が懐かしい



仕事の合間に、量産製作 以前の客車と同じ要領で、部品をランナーから
外さない状態で塗装し、ランナーからの切断部は、筆で共色で修正
窓の接着は、ゴム系接着剤を使用し、その他のパーツは
瞬間接着剤で固定した。
テールランプは、クリアーレッドを濃いめに塗って
レンズの様な感じを出したが、ヘッドランプが銀色を塗ったものの
気に入らず、悩みつつも取り急ぎ組んでみた。

クモハ41 3ドア車で貫通幌をつけてみた。ヘッドランプが車外に
取って付けた様な仕様で、イマイチ
この段階では、行き先表示シールなどを貼っていないので
これから仕上げる予定
ワイパーは、ランナーを熱して細く伸ばして
瞬間接着剤で固定している。



クモハ43 2ドア車で貫通幌をつけてみた。ヘッドランプが車外に
取って付けた様な仕様で、イマイチ
この段階では、行き先表示シールなどを貼っていないので
これから仕上げる予定
ワイパーは、ランナーを熱して細く伸ばして
瞬間接着剤で固定している
この車両がM車で他はT車。




右から クハ79 サハ78 クモハ73 モハ73
何れも原型で、その後、全金に進化している
本当はそちらが欲しかったので
追加購入するとすれば全金を混合編成する
ヘッドランプが車外に
取って付けた様な仕様で、イマイチ
この段階では、行き先表示シールなどを貼っていないので
これから仕上げる予定
ワイパーは、ランナーを熱して細く伸ばして
瞬間接着剤で固定している。



探せばあるものです。やはりこのキットを組んで残念に思っている
人がいるのでしょう。レンズ部が透明パーツになっています
ライトケースは、写真でグレーのパーツがそれです。
全車これに付け替えます。



こちらは行き先表示シールでいろいろあります。
荷物電車なども不足していますので
将来気が向いて製作した場合に使用します。



このレンズは探すのに苦労しました我が家のEF64なども原色の
赤を塗って済ましているので、そこにこのレンズを
埋め込んだらいい感じになると思います。
光らせるまでは、やろうと思いませんが
原色の赤はちょっと・・・



既存の113系電車の屋根に接着するだけで、冷房化が完了します。



ブルートレインもいよいよ姿を消すと言う事で、急に欲しくなって
ヤフオクを物色、平均1000円で数車両をゲット
失敗したのが、先頭車両を2両と食堂車を2両買ってしまった
カニの代わりにナハネフを使う事でバックサインを
2種類にしようかと・・・
これらもシールやバックサイン、テールランプなどを
追加して仕上げる予定



ヤフオクでセット売りしていた中に混じっていた、24系客車
これは今後進展させるか迷うところ
ブルートレインは、20系の思い出しかないので・・・



20系用行き先表示シール
どうやって綺麗に切り抜くか?思案中




485系用の行き先シール しらさぎで統一予定


K.S.KタイプCタンク トミー社 香港製
かみさんの弟さんが亡くなられて遺品として頂いた物。
義父の仕事の関係でメーカーから貰ったと聞いています。
足回りが破損して、走行も厳しい事から
リンクプレートを固定する修理を実施
下の写真がねじセットM1.2を使用し、組立て
煙突が折れて、欠損している。

よせばいいのに・・・
旧型国電の73系、いわゆる下駄電が欲しくなって
購入をためらっていたら、あっという間に無くなってしまった。
市場にあるのは、地方に送られて妙な色に塗られた
シリーズばかり。あの茶色の木造車体の車両に
お世話になった昭和の人なら人気があろう
現在では、真鍮製の物しかない。
半田コテを持ち出して、やろうか迷ったが
とりあえず下駄電のもう一世代前の車両で
我慢しようと、ありえない編成としようと購入してみた。

手前が、修理を完了したC575 先頭車として、固定式のダミー
連結器を装着、後にスノープローも装着
左後方は足回りを失ったC57、テンダーのモーターを
外して重連の2番機として使用する。
一番奥は、C571山口号
何故かC57ばかり3機になっている。

上が競り落とした新品で、下が亡き弟君のC575
足回りのリンク部品が全く無い。前面の連結器も欠損している
そこで、中身をそっくり入れ替える事にする。
テンダー部もそっくり中身を入れ替える
ネジ数本で固定されているだけで、簡単作業。

C57 トミックス製 初期型
かみさんの亡き弟君の遺品を修理する為に
ヤフオクでちょっと高めでしたが、競り落とした物
エンブレムも未使用だったので、展示品かと思う。

小田急と言えばこの車両と言う事で、最近引退した
5000系と言われる車両
グリーンマックスと言うメーカーでプラモデル感覚で
作るのですが、このブルーのストライプには困った
テープがあるかな?と探したが無い
マスキング塗装するも、下手ですね!滲んでしまいました
とりあえず完成させて、ワイパーは自作しましたが
手すりなど細かいパーツは省略
グリーンマックスで昔の京王線も欲しかったのですが
作るのが大変で断念しました。

写真右が481系1000番台で、トミックスの初期型です。
かみさんの弟さんが亡くなられて遺品として頂いた物。
義父の仕事の関係でメーカーから貰ったと聞いています。
パンタグラフが破損していた程度で、しっかり走りました。
連結器も無事。しかし、先頭車が一両しかないので
追加で購入したのは、481系の0番台のボンネット車
この特急型車両は、東海道新幹線が開業するまで
こだま号として、形は同じで151系車両が有名
とにかく種類が多く覚えきれない
特にこの481系は、交流区間と直流区間を走る改造や
寒冷地仕様、JRになってからもペイントを変えたり
最近では、修学旅行用臨時列車などでも
運行されている。

グリーンマックスの客車シリーズです。
組立が一番神経を使います。通常のプラスチック接着材だと
外側ににじみ出て、塗装を溶かしてしまいNGです。
私は写真の様に瞬間接着材を継ぎ目に流し込みます
窓も接着材で白化するので、点付けを外から見えない
個所で行い固定ます。何しろ
5面共バラバラなので、直角にテープでしっかり固定
しないと傾いて妙な事になります。
完成車を買うより楽しめます。
なにより、当時を思い出しながらの制作です。

グリーンマックスの客車シリーズです。
塗装を完了しホロの中のドアやグリーン車の黄緑ライン
等を塗り分けで、付属の転写シールを貼って雰囲気を出します。
実写の写真がネットにころがっているので
参考にしながら、細かい個所に筆で色を入れます。
屋根の器具はもう少し汚れていますが
まあ、新造車と言う事でそのままとしました。