固定局がイマイチなので、モービル運用でも
と言うことで、氏に問い合わせると、右のFT90を
譲ってもらえるとの事。この無線機は、なにより
小さい。ハンディー機をベースに開発したらしい
今、所有している車には、この無線機しか搭載
出来ない。思った通り、ポケットに差し込めた。
しかし、若干の改良が必要だった。
アンテナコネクターが背面にあり、これを横向きに
変換するコネクターを取り付けた。
加えて、冷却ファンの吹き出し口が上面にあり
また、スピーカーも上にある。
そこで、前面側に向かってダクトを取り付けた。
出力も20W出るので、飛びは良いと思う。
しかし、イグニッションノイズが送信側に入るので
これは対策が必要だ。


Ham Radio

1976年夏
どうにか免許を取得し、コールサインも手に入れた。
あらかじめ購入していたのが、右の機械
友人がトリオ製TR1300という小さな無線機を
持って我が家にやってきた。電池で動く箱型の
50MHzSSB機だった。我が家が高台だった為
ちょっと交信するだけで、沢山の局から呼ばれた
そして、この50MHzは、気まぐれに発生する
上空の電離層に反射して、思わぬ遠隔地が聞こえる
事がある。そのドラマチックな現象も魅力だったが
なにより、アンテナが小さくてすむ。
7MHzでは、波長が40mにもなり、長過ぎて
ウサギ小屋の我が家では無理と判断した。
アンテナは、水平タイプだと波長の1/2の長さ
7MHzだと40m÷2=20m必要になる。
短くするコイルや、V型のアンテナもあったが・・・
50MHzだと波長が6mで、私は左写真の
アローラインアンテナが1/4でしかも、風速60m
まで耐えられると書いてあるのに魅力を感じ
購入した。高台にある我が家は、風が強い。
全く問題なく運用出来た。
その後、ルソーの6エレメント八木(TVアンテナみたいな形)を購入し、遠隔地への挑戦は続いた。
近所の局に聞こえない局も我が家は好立地で
自慢だった。1977年この頃アマチュア無線人口は
増加増加で、144MHzなどは、混雑でぐちゃぐちゃ
していた。使い物にならない。50MHzも遠隔地が聞こえると、まるで餌に群がる小魚の如く、弱肉強食
は当たり前。低い土地の人は、16mタワーを建て
大型のアンテナを回して戦った。妨害電波や無免許
局も登場し、大混戦。



月日は流れて、時代はスマホが主流になりつつある
2013年 仕事の関係で、かつての会社の同僚であり
アマチュア無線家の氏と再会。
現役で無線を続けていて、知人も数人健在であると聞き
左のハンディートランシーバーを頂いた。
乾電池で動くこトランシーバーは、1988年頃に所有して
自宅からレピーター運用し、重宝していた。
懐かしいやら、嬉しいやら・・・しかし、問題があった。
アマチュア無線の免許制度は、従事者免許と局免許が
あって、従事者免許は一生物だが、局免許は5年の
有効期限があり、電波利用税も収めないと電波を出す
事は出来なかった。
更に困った事に、従事者免許証を紛失!
まずは、紛失届を出して、再交付を申請。
それが、到着したら、今度は、局免許を申請。
しかし、時代の流れで、やり方が全く違っていた。
電子申請なるシステムで、慣れれば便利かもしれない
無線局のコールサインは、昔のがおりるとの事で
一安心。そんなこんなで、2013年11月に免許取得
23年ぶりの復活!


1978年に無線機の会社に勤務する頃、
高台の家から一番低い場所に引っ越しが
決まった。これで固定局ともお別れとなり
車に無線機を積んで、モービル運用を
開始した。色々な無線機を試した。
左の写真の無線機は、操作部が本体から
離れて、薄型で操作性に優れた機械だった
唯一の難点は、バックライト照明が無く
夜間はボタンが見えない事。
丁度、ラリーカーに乗っていたので、
助手席のグローブボックスのカバーを取り外し
黒いパネルに、この操作部を取り付けて
ラリーコンピューター風にした。
実際、ラリーの時に連絡するにはベストだった


中学生の頃、配線が無いのに何で音や映像が飛んで来るのか?
不思議で不思議で、どんどん引き込まれていった無線の世界。
とは言っても、結局、アマチュア無線の免許を取るまで、謎のままでした。
現代では、スマートフォンなどの携帯端末が流行していますが、
あれもハンディーの無線機とパソコンが合体した物で
街のあちらこちらにある中継設備がなかったら、どうにもならない代物
昔はそんな中継設備が無かったので、遠くまで電波を飛ばす事や
遠くの発信する電波をキャッチする事。そんな挑戦が楽しかった。
この奥深い趣味を世間ではネクラなんて馬頭され、現在、絶滅しそうな世界。
そんな、地味だけど高度な技術を要する趣味の世界をご紹介します。

1978年に、今は無き業務用無線機メーカーに
入社し、なんと設計部門で無線機を作る立場に
なってしまった。本人は希望した訳ではないが
たまたま、席が一つ空いていたらしい。
数えきれない程の無線機の設計を手掛ける事に
なるとは、夢にも思わなかった。
小型化や軽量化・・・山積するテーマに、立ち向かった
若き日の思い出。退社する寸前に、右の写真の後継機
の3000シリーズを設計。これは、超小型がテーマで
恐ろしく苦労した思い出しかありません。。
電子部品も今ほど小さく無かったので、隙間を縫って
詰め込ん苦肉の策。残念ながら写真はありません
この無線機の開発を最後に1984年に退社。

松下製 RJX601 50MHz
当時人気の機種で、多くの局が使用
していた。ただ、周波数切り替え
ダイヤルが微妙で、操作性はNG

八重洲 FT620B 50MHz 10W

飛ばないけれど、固定局を一応上げてみた。
暇をもてあましてしまったら、知らない人と
知り合いになって、輪を広げる事も可能だ。
かつては、知らない人と話す為に通信する訳で
それは、怪しい人とおかしな事になると思いがち
だが、この世界は、国家試験をパスして来た
人が大多数(無免許の人もいるので・・・)
ですから、不正行為を目的にしている人はまず
無い。この無線人口の減少を懸念し、一人でも
多くの仲間を確保しようとしているらしい。
私もそのうちの一人かもしれない。
初めての人と車で話す事は、難しい。
相手局の事をメモしないと覚えられない。
そんな訳で、自宅でゆっくりと通信するには固定機
がひうようだが、車用に電源をつないで固定機に
する場合もある。左のC5700は、ハンドマイクに
全ての操作部がある。表示部がマイクにあるので
車で使用すると携帯電話と同じ扱いになり、
違反らしい。例によって某氏の提供だが、塗装が
ダメで、銀色のケースや操作部のパネルは、
オリジナルとした。場所を取らないのでお気に入り

車のアンテナは、ハッチバック用基台に
短いホイップアンテナを使用
ねじ込み式なので、運用しない時は取り外す。
430MHzだと波長が70cmなので
短いアンテナでも十分飛ぶ。
レピーター運用がメインなので中継基地まで
飛べば、飛距離は伸びる。

中学生の頃、友人が持っていた物が何故か?
私の所にも回ってきた。
市民無線CB機 登録するだけで
コールサインがもらえるシステムで
送信出力は0.5W アンテナなどの改造はNG
今となっては時効だが、強者はいるもので
この機械にアンテナコネクターを取り付けて
28MHZの外部アンテナを接続し、強力な
電波を出していた。
市内であれば、ぎりぎり友達と話が出来るので
楽しくて仕方がなかった。
電話すれば家族に怒られるから、無料で
長話が出来るこの機械は、当時宝石だった。
だたし、電池が沢山いるので、次第に聞こえなく
なる悲しさはあった。

1993年 昭和も終わり、仕事も独立して数年経った頃、私の手元に携帯電話がやってきた
IDO通信で、機械はモトローラ製であった。当時としては、画期的で、自動車電話が
廃れ始めた頃。このモトローラの携帯機は、電池がもたない、標準の物で4時間。
ビッグタイプでも8時間もつかどうか・・・。発熱も酷く、冬でも手汗が出るほど。
しかし、移動事務所として、大活躍してくれた記憶がある。
持っている人も少なかったので、待ち合わせで使用していると注目を浴びた。
そんな訳で、アマチュア無線の混雑を嫌って、携帯電話時代に突入するのであった。
(残念ながら写真は無し)

スタンダード製 C5700 144/430MHz

1988年頃430MHzのレピーター中継局が登場し
少ないパワーで遠隔地と通信が可能になった。
この頃、私は航空機関係の装備品を開発を行って
いた。このレピーターのおかげで、車での移動は
退屈しなかった。安定した通信環境は、現代の
携帯電話と共通する。このレピーターは、
現在も元気に稼働している。
当時使用していたのが、右のTM401シリーズ
後に黒いBタイプや411などが発売された。
この401は、操作性も良く、メモリーは6個だが
それで十分だった。なにしろ小型で取り付け場所に
困る事は無かった。



マイクと送受信切り替えスイッチ
カップホルダーのブラケットに
取り付けた。普段は、マイクを上に向けて
運転には支障が無い。5MT車だと
これが無いと無理!

どう見てもここしか無い。
FT90が無かったら、セパレートタイプ
の無線機を探す事を考えた。

ヤエス無線製 FT-90 144/430MHz


アイコム製 IC03N 430MHz

ケンウッド製 TM401 430MHz 10W



アツデン無線製 PCS2000 144MHz


信和通信機製 SC2405 
業務用無線機


サガ電子製 アローラインアンテナ

友人は、いち早くアマチュア無線の免許を
取得し、無線機を手に入れていた。
CB機とは比較にならない程、遠隔地と
通信していた。友人は、免許を取得する前に使用
していた、7MHzの受信機を貸してくれた。
夜はAMラジオの電波でグチャグチャだったが、
その僅かな隙間を縫う様に、通信している局がいた。
東京にいるのに、九州が聞こえる。北海道が聞こえる
これには、驚いた。
夢中でヘッドフォンから聞こえる遠隔地の電波を探した。
そして、アマ無線の免許を取る気になった。

HOME


SONY製 ICB650 ICB700と言う
箱型でハンドマイクが付いている機種も存在