No18 トヨタ タウンエースノアG 平成8年式
2200ターボディーゼル 8人乗り
マンションから一戸建てに引っ越しする為に
ビートを入れ代える事にした。フルフラットの
搭載量と燃料の安さ。太い低速トルクで
坂道も苦にならない。しかし、黒煙が酷い
元石原都知事の提案で、軽油の硫黄分を
除去するのではなく、10年以降の車検が
取れないルールに負けた車。



No16 BMW320iA 1988年式 中古車
左ハンドル 結婚相手が左ハンドルに
乗り慣れていると言う信じがたい理由と
値段の安く大きくなく出来ればBMWで・・・と
なるとE30しかない318でも良かったが、
左が無い。一生懸命探して
川崎の柿生のショップで見つけた。
しかし、大外れの車で、買った値段の倍の
修理代がかかってしまった。アイドリングが
大きく上下する現象。エアフロメーターを
交換したが、終息せず、修理屋さんも???
修理の度に調子が上向く燃料タンク亀裂が
入っているなど、信じがたい車やっと
エンジンが落ち着いたかと思ったら今度はATが滑り始める。
ZFのATは、O/Hも高価 いい車なんだけどね。



MY CAR LIFE

No5 日産スタンザ1600 3AT
年式不明、初期ロットの車ではずれ車
ヨーロッパではバカ売れだった車
胃下垂になって、ラリーチームも
元気なく、少しおとなしくしようと
反省の意味も込めて、FFの車に
しかも、初AT車購入。
ドアミラーは、合法の物に交換し
同色にペイントしている。エンジン軽快
サイドターンは簡単だし、なかなか
足回りも良かったりして・・・
トランクから430MHz用巨大
ホイップアンテナが見える。

No4 日産オースター1600GX L16E
5MT 4DRセダン 昭和51年式
必死になって探した車。それは、改造する事が
目的だった。ラリーチームの副会長と仲良く
してもらって、L型エンジンをライトチューン
する構想を話し合った。
当時、主力のエンジンはZ型になり、
触媒なしの53年規制仕様にであったが、
それでは面白くない。
L型エンジンは互換性があるので、
ヘッドは昭和48年式のブルーバードU、
インテーク側のヴァルブが大きい、
カムは昭和46年式のブルーバードSSSの
ちょっとハイカムでバルブスプリングを強化し、ヘッドの面研1mmで圧縮比アップなどなど・・・足回りやヘッドライトチューンやクロスミッション、ワンオフ3点式ロールバー
そして、この年からドアミラーが解禁!早速合法品を装着 給与の殆どが・・・

ちなみにフロントグリルは、新車解体屋からバイオレットのを買ってきて取り付け><

No1 TA22 セリカ 1600ST 
昭和46年式 1978年 5月に
運転免許を取得し、
車社会へデビューした最初の車
当時、28万円だったと記憶している。
白に薄い水色が混ざった色が独特で
テールランプが赤一色 フェンダーミラーを
ドアミラーに改造して、ワイドタイヤを
履かせて、ドライブを楽しんだ。
当時は、有鉛ガソリンで、月に100Lを
消費していた。
しかし、エンジンのオイルシールが弱く、点火プラグが見えなくなるほどオイルが漏れて
排気ガスにも煙が混ざり始めたので、買い替える事にした。
写真は、WIKIから拝借した物です。

No8 イスズ ジェミニ1500DT 1987年式新車購入
1500ccディーゼルエンジンに水冷ターボを搭載 
5MTで2DRハッチバック シビエのスーパー
オスカーフォグランプは、純正オプション
しかも、悪乗りで、ルーフトップに430MHzの
スプリング付きのアンテナを穴を空けて装着
なんせ、BMWの相場値は高く、それより少し安い
金額で友人に売却した為、フルオプションの超贅沢
仕様と相成った。しかし、この車、高速で通勤していた
事もあって、リッター16kmの燃費で、しかも安価な
軽油。月のガソリン代が3万円から8千円に落ちたと
記憶している。しかも、大トルクで速い車だった。


No9 イスズ ジェミニ  キャンパストップ 1989年式 1500cc 新車購入
ガソリンエンジン 3AT 2DRハッチバック
当時、東芝青梅工場で歯車の様に無機質な毎日を送っていて気分転換に購入した車。
写真が残っていない。上の車の屋根をざっくり切り取って、電動のスライド屋根を取り付けた
車。雨の日に、まるで運動会の本部席のテントの中にいる気分。色が白で、バンパーラインより
下側に樹脂が貼り付けられていて、汚れに強いとのコンセプトだったが、ワックスが入ると
取れない。ザラザラの表面が裏目に出た。


No13 日産シルビアS12 1800cc
2DRクーペ 5MT 1988年式中古車
ローレルのデフの不調で急きょ乗り換えた。
おまけがついてきて、税金対策として
譲渡損扱いにもなった。アンダーパワーで
足も疲れていたので、ショックだけ純正の
新品に交換。ローレルのタイヤがそのまま
使用出来たのも幸運。ゴルフの帰りにこの
車は厳しかった・・・クラッチが・・・
写真が無いので、ミニカーで・・・
実車は白一色です。






早い物で免許を取得してから、35年も経ちました。その時々の生活や気分、目的に応じて
車を乗り継いできました。単なる移動手段ではなくて、何らかの拘りがあったと思います。
最近は、乗り換えのペースが極端に落ちましたが、まだまだ、その数は増えるでしょう。

No19 E36 BMW320iA セレクション限定車
1994年式 中古車で購入
晴海の中古車フェアーにひやかしに行ったら
これと全く同じ車があって、かなり魅かれたけど
購入には至らず。この車は、ボディーと類似色
の革シート内貼りなど、コーディネートで御洒落
スライディングサンルーフも気持ち良い。
ご縁があったのか・・・
E30のメンテをお願いする為に川崎の業者に
電話すると現物を持って行くと言う。買う気は
無かったが、色々サービスすると言って
買ってしまった。ところが電動ファン周辺の
トラブルが多く、また、ノアの稼働率が高く
ブレーキパッドが錆びるほど乗らなくなった。



No12 日産ローレル メダリスト 2000cc
4DRハードトップ 4AT 1989年式中古車
独立して固定資産税に営業車として登録する
為に購入。ブルーグレイの塗装色に
何故かハルトゲのホィールを履かせる
当時、出光ガソリンスタンドの店員と仲良くなり
タイヤなどは、そこにお世話になる。
このローレル、RB20Eの直6シングルカム
エンジンは、まるでBMWの様に回転を上げて
非常に気持ち良い。決して早くは無いのだが
良く出来ている。スカイラインのR32などにも
採用されていたが、シングルカムの方が
評判が良かった記憶がある。
少々コーナリングパワー不足で、テールが
出やすい欠点もある。
写真はWiKiから拝借




現在までに23台所有したが、昨今の増税や教育費の支出増が響き、とても車や娯楽費に
資金がまわらなくなってきている。今回、車を購入するにあたり、色々調べてみたが、
車の値段が+100万円位高騰している気がする。プリウスなど、デビュー当時230万円
だったのが、300万円を超えている。色々なオプションを加えると400万円に・・・
プリウスがいつの間にか高級車になり、代わりにアクアがバカ売れしている。
年間販売台数も桁が違っている。ハイブリッドで燃費が良いけれど、魅力的とは思えない
今回購入したスバルG4新車価格が170万円代 インプレッサにしてはデカい車体
丁度良い5ナンバーセダンを探すのが難しかった。結果1600ccの3ナンバー・・・




No2 ギャランラムダ 昭和53年式
新車で購入した。1600ccのシングル
キャブレターで、5速MT
デザインだけで選んだ。社会人一年生が
無理して買えるギリギリの選択。
デザインはアメリカ人なのか?
クライスラーでも販売されていた。
しかし、翌年の3月に、交差点で
信号待ちをしている時に
大学生の運転するカリーナに
右フロントを強打され、高速道路を
真っ直ぐに走らない車になってしまった。

No3 日産サニーPB210 1400GX
昭和48年式 1400cc SUツインキャブ
4速MT 勤務先の先輩がラリーチームの
会長をされていて、車の相談をすると
まるで戦車の様な車を紹介された。
競技で使用していた車を少しだけ
元に戻してもらったが、当時のノーマル車
とは、比較にならない程性能向上が
図られていた。山を走ったり、雪道を走ったり
色々経験させてもらった車
ラリーの世界が見えてくると、日産で活躍する
バイオレットGTの魅力にハマってしまう。
丁度、車を失った方がいて、早速譲渡する

HOME

No6 日産サニーターボルプリ 1984年式
1500ccターボ MT 新車にて購入
ゼロヨン15秒台の加速 これはギャレト製の
空冷タービンのお蔭。車体剛性がまるで弱く
コーナリングでボディーがねじれる。
当時、高級スポーツカーをおっさんサニーが
ぶち抜く様は、サニーショックと命名された
写真はルプリ専用のホィールキャップだが
後にSGLのおとなしい物に交換している。
よく見るとフロントの巨大なスポイラーが
ついているが、これは純正部品でサービス品


No7 BMW318iA 右ハンドル 南ア仕様
1986年式 並行輸入車新車購入
六本木のカローラと言われた3シリーズ
ディーラ車は、アメリカ仕様のイーターエンジンで
鈍足なエンジンを与えてBMWの牙を抜いていた
時代。318でも420万円とボッタクリであった。
私のは、店頭価格298万円で、仕様が全く異なる
ドイツ本国仕様では、ラジエーターが小さ過ぎで
まるでダメだが、この南ア仕様はデカすぎる
冬はオーバークールになるほど。
140kmでの巡航が最も燃費が良い。
グリーンのガラスも御洒落。
本当は、320の右のMTが欲しかったが
予算が届かず・・・。
写真は、スパイクタイヤ履いてます。


No11 イスズ ジェミニ JT190 1998年式 
1700ccインタークーラーディーゼルターボ 
4DRセダン 4AT 母親を亡くして、
気分転換に買った車 ボディーがデカくなった
エンジンは、もう少し元気があるかと思ったら、
ブーストが上がるとソコソコの加速感
旧型の感動は無かった。
ガソリン車は、もっと魅力が無かった。
初代のナローな感じが、売れた要因な訳で、
巨大化してGMで商売しようって車が
売れるほど、日本の市場は甘くない。
写真はWiKiから拝借






No23 スバル G4  2014年式
1600ccNA CVT 4DRセダン
インプレッサと言うエンブレムが無い
リアにG4のみ表示されている。巷では
スポーツと言う5DRタイプが売れている
あえて、4DRセダンを選んだのは、リアの
デザインが気にいったから・・・と
やはり2BOXだらけのデザインが嫌になった
からかな?フロントグリルはSTiの網タイプに
交換しています。こちらの方がすっきりしています。ボディー剛性も高そうで、しっかりしています
1600ccでは、動かないかな?と心配でしたが
CVTのセッティングも良いのか、ストレスは
感じません。大パワーのターボもありますが
街乗りでは、これで十分。なにより防音がしっかりしていて、非常に静かです。
燃費は未計測(2016/4/7現在)


No10 イスズ ジェミニ イルムシャー 1989年式 1600ccDOHC 5MT  4DRセダン
新車購入 営業さんと仲良くなり過ぎるのもどうかと思うが、
下取りと値引きの大きさで騙される
この車、納入された一週間後にホイルキャップを盗まれた。ユニークなデザインだった
のは、わかるけどね。速攻アルミホィールに交換した。イルムシャーもホィールキャップ
じゃなくてアルミでデザインしてくれ!足回りは固く、ボディー剛性が不足していた。
インリフトでトランクションが抜ける。エンジンは、高回転型で、高速道路では、
3000回転で加速せず。常に高回転を要求される。
スポーツカーと言えばスポーツカーだけど、低速トルクが無さ過ぎ
イルムシャーの1500ccターボ仕様は、逆に大きなトルクで楽に速い。
その気にさせるエンジン音は、DOHCの勝だが・・・。
残念ながら写真が無いです。


No22 三菱EKワゴン MS 2007年式
660ccNA 3AT 電動スライドドア
ガソリン価格がリッター200円時代と脅かされた時に
ガソリンノアを軽自動車にする構想が持ち上がり
切り替えた。カミさんの通勤車としても活躍中
NAの為に、トルク不足は痛感するが、電動スライドドア
や、クラリオンのオーディオなど魅力も多い。
燃費はリッター12~13km


No21 ダイハツオプティーL800S 平成12年式
660cc3気筒12ヴァルブDOHC インタークーラー付き
4ドアハードトップ。5速MT ハッチバックではなく、
トランクがある。不思議な軽自動車。
オーバーパワーで、フロントが空転するのは、
サニーターボ以来。フットレストが無く、左足の置き場に
困るのが難点高速道路では、有り余るトルクのお蔭で、
5速に入れたまま、加減速が出来る。
140km/hまでのメーターは軽く振り切り、
リミッターが作動する。燃費は14km/L



No17 ホンダビート 660cc エアバック
無限のハードトップ アルミホィール付き
1992年車 中古車購入 事務所まで通勤
する足として、購入。出光のガソリンスタンド
でHKSの車検対応マフラーを取り付ける。
ビートは、マフラーで出力を64馬力に抑え込んで
いる話は、本当だった。低速のトルクが増大して
非常に乗りやすくなった。3連スロットルと
クロスミッションでバイクの様だ。
ハードトップなのでオープン走行は出来なかった
が、他のビート乗りからも注目された。
一番困ったのが、タイヤサイズが前後で
異なるので、同じ銘柄でそろえるのが大変
ゼロ戦と同じでぶつかったらバラバラだろう
BMWが壊れた時に、この車だけで買い物は
地獄だった。



No15 日産プリメーラ P10 Tm2000cc
SR20DE 4DRセダン 4AT 
1990年式 中古車 U12のエンジン不調の
為、やむなく入れ替え。P10の評判は良好で
気になる存在だった。しかし、あまりにも
街に多く存在するので、個性を出したかった。
色は少ない白 これは関西方面で探すしかない
三河で見つけた。内装がブルー系でおしゃれ
フロントグリルを純正GTR風グリルに変更
タイヤは、U12の黒のワタナベ風。マフラーは
ニスモのステンレス車検対応など。
車の基本がしっかりしているので、
文句なし。サーキットでは遅かったが・・・。
写真は、山梨のサーキットでライトは
青いガムテープ。

No14 日産ブルーバードU12 1800cc
CA18DE 4DRセダン4AT 
1988年式 中古車
S12シルビアの車検も切れて、乗り換えを
もくろむが、資金不足でまたしても中古車
U12のセダンが欲しかった。
CA18DEはシルビアのエンジンを横置きにした
もので、なかなか元気なエンジン。
シルバーが見つかった。これに黒のワタナベ風
アルミを入れて、エンブレムを剥がした。
なかなか渋く決まった。
写真はWiKiから拝借


No20 トヨタ タウンエースノア 平成10年式
2000ccガソリン車 8人乗り
程度の悪い外観を直して、まともに走れる様に
修復して、屋根付きガレージで維持。
それにしても燃費が悪く、トルクも少ないので
坂道でも苦戦。しかし、黒は暑い。
エアコンの効きが明らかに差が出る。
リアエアコンの稼働率が上がるとパワーも
燃費も最悪になる。幼稚園の送迎には
新車は不要。案の定、酷い扱いでボロボロ。