詳細設計
デザインが決まり、各部品の細部を設計します。
詳細設計では、各部の材質や
強度、組み立て性や経済性など
要求される条件を満たしているか
慎重に確認します。
重量に制限がある場合は、
各部品を3DCADにデーター入力し
部品の体積に比重をかけて
精密な重量を把握します。

実は、デザインの段階で
搭載される部品などを
あらかじめ想定して行います。
デザインを絵に描いた餅にしない為
概略構想を致します。
しかし、この段階で精密に設計して
しまうと、案が没になった時の
ロスが発生する為、あくまでも概略

そして、詳細設計では、細部に
ついても形状を確定し、干渉や
ロスを省いて、最適な状態を
設定致します。
組み立てた図面から各部品を
別シートに移動させて
寸法を記入したり、各部加工指示を行います。
この作業はAutoCADにて行います。

3Dデーターを作成した場合
2Dデーター変換を行う事で
2度手間を省く事が出来ます

アイソメ図も添付出来ますので
品物の理解も深まります。

Back

部品が樹脂やダイキャストなどになりますと
試作が必要になったり、金型品では、
抜き勾配を盛り込んだデーターや
図面が必要になります。

この場合も3Dデーターを加工業者様に
3D IGESデーターを提供する事で
納期短縮や意思疎通の面で
有利となります。

検査図面や部品図面の保管用に
2D化もAutoCADで仕上げ作成を致します。

個々の部品は、質感を加えた写真データーを
作成出来ますので、簡単にイメージ作りが出来ます