生産に必要な組立図や拡散分解図などを作成

組立・分解図

一般的には、2Dのゴチャゴチャ
した図面に数字の風船番号を
記入して部品の配置を
説明致します。

図面の読める作業者なら
これで十分ですが
技術者向けと言えます。

プラモデルの様なアイソメ図
かつては、手書きで
リアルな絵を描いていました。
今では3Dデータを用いて
アイソメ化も容易になりました

編集はAutoCADの2D上で
行います。

Back



3Dデータを作成したのであれば
このデーターをバラバラにして
説明図に使う方法もあります。

写真データーなどで出力し
パワーポイントなどで編集すると
作業効率も向上します。

また、受注前のプレゼン資料なども
作成可能です。