ガンプラ コレクション
ジオン軍と言えば、シャー大佐
ザクも当然専用機で
赤い彗星とか言われていました。
このHGモデルで残念なのは
シールが少ない事
モデルとしては、簡単に組めましたが
基本的に量産型ザクの色変え品ですね
ジオン軍の水陸両用のモビルスーツ
2体共に初期のモデルで、単色です。
関節も必要最小限で、直立がやっとです。
色が大変。微妙な色の組み合わせで
塗装の段階で嫌になります。
ゾックの爪の黒線は、墨入れ塗料で
数回塗っています。アッガイは、一度
子供に破壊されましたが、どうにか修理
して、保存しています。



初代RX78シリーズやZシリーズが好きで、
子供のおもちゃを買うドサクサに紛れて買いました。
モデラーと呼ばれる方々から見たら、話しにならない出来ですが
本人の性格として、とりあえず形になれば・・・
時間の無い時に限って、買ってしまう悪い癖。
特に発売当初の未塗装品が妙に魅力的
しかし、やはり最悪の完成度で、最近のHGシリーズに慣れると
嫌になりますね。値段は1/3ですが、組立てる苦労は3倍以上
保存スペースの都合で、1/144に統一
一部デカいモデルは、より小さいスケールにしています。

HG シャー専用ザク(左)
HG量産型 ザク(右)

ガンダムと言えば、シオン軍の量産型ザク
このモデルは販売価格300円のシリーズで
色は、薄いグリーン単色です。
その他の色は、ガンダムマーカーで
着色しました。関節はもちろんポリキャップでは
なく、樹脂ですので、このポーズがやっと
でも、なかなか良くできています。

連邦軍の宇宙用量産型モビルスーツ
武器は、ビームスプレーガン
ボールと言う、作業用ロボットを軍用にした
マシンと共に宇宙で戦う。
どちらかと言うとやられ役
シールの添付が必要最小限なので
寂しいモデル


これは食玩です

これは食玩です

Zガンダムに登場する機体 マラサイです。
金ぴかマラサイは、劇場版を記念して限定生産
らしく、衝動買いしました。
この機体もメッキを剥がして接合
指紋に神経をとがらせて、制作致しました。
ザクの様なゲルググの様な・・・いろいろな
パーツの合作みたいな機体です
HGなので、綺麗な仕上がりです。
ここから Zガンダムシリーズです。
どういう訳か主役のZガンダムや
ガンダムMKⅡなどを買っていません。
この機体は、クワトロバジーナと言う人が
搭乗していますが、このお方、シャー大佐だった
のです。話がややこしいZガンダム
初期の頃みたいに連邦とジオンの様なシンプルな
戦いではなく、複数の戦いとなっています。
この百式 HGで金メッキされています。
接合部のメッキを剥がさないと接着剤が効きません
あと指紋が付きやすく、神経を使いました。
スリムで格好いいですね。
ジオン軍と言えば、シャー大佐
ズコックも当然専用機で
ピンクというか赤と言うか・・・
このHGモデルで残念なのは
シールが少ない事
モデルとしては、簡単に組めましたが
基本的に量産型スコックの色変え品ですね
ノーマルのズコックは置き場が無いので
買いませんでした。
ジオン軍のザクの能力を20%高めた
グフ HGグレードです。
ニョキニョキとしたグレーの武器は
ヒートロッド このモデルでは樹脂の
成形品です。
左奥の量産型ザクはバツーカ砲を
装備しています。このモデルは、
RX79陸戦ガンダムとセット販売でした。

ジオン軍のモビルスーツのデザインは多彩で
ユニークな物が多いです。
このギャンは、マ・クベと言う方の専用機で
ギリシャ神話の中に出てくる兵士の
鎧をデザインに取り入れた物と思われます。
アニメでも横に跳ねる様に移動する
楯の穴からミサイルが出る。
得意なのはやはり接近戦
このモデルもHGなので、色塗りもなく
簡単に組めました。
過去にHGではない初期のモデルを組みましたが
子供の餌食になって、破壊されました。
このモデルも頭のてっぺんにあるアンテナを
子供に折られて、メーカーにスペア部品を
発注致しました。


HGガンタンク(左) HGガンキャノン(右)

これも第08MS小隊に登場する
宇宙型のジムの陸上用 
多彩な武器を装着可能で
なかなか楽しいモデル
HGグレードで、塗装無し
シールも添付されて、雰囲気が良いです。
実践では、このオレンジが目立って
標的になる気がします。
やられ役なので、良いのか?





ハンブラビ

Zガンダムに登場する機体 ハンブラビ
このモデルも飛行形態に変形するのですが
やはりかっこ悪いのでこの形に
デザインはユニークですね
きゃしゃな作りで、制作には神経を使いました
ポーズは無理です。自立するのがやっと
初期モデルは、安価ですが辛いです。

page8

HG マラサイ

HG シャー専用ズコック

これは食玩です 右がノーマルカラー

HG グフ(中央)
HG量産型 ザク(左奥)
300円 量産型 ザク(右奥)


量産型 ザク マシンガン


HG 陸戦ジム

ティターンズ軍のモビルスーツ
細部のデザインが異なるが
MKⅠと詳細は同じ
色が派手です。調色も時間とられました
各部の接着も部品同士の寸法がラフで
苦戦しました。

連邦軍のモビルスーツで、サイズが通常の
2倍以上ある設定
スケールは、1/400だったかな?
このモデルは、初期のモデルで
色プラでもなく、関節もゴムでもなく
直立しか出来ない。
アニメのお話の中では、変形モードが存在し
このモデルも変形出来ると書いてあるが
その変形した姿が不細工なので
この形に固定

ガンダム 第08MS小隊に登場した
RX79陸戦ガンダム
量産型ザクとセット販売されていた
HGシリーズの為、色塗り無しで簡単組立

右の妙なガンダムはRX79ベースに
アレンジされた物で、
ホビーマガジンに付録で付いてきた物に
適当に色を塗った物。(左がパッケージ)
関節がゴム製ではないので、
直立するのがやっと。

左のRX78ガンダムですが、
実は下のガンキャノン、ガンタンクの3点セット品
色塗りを必要としない、カラー成形品
そこそこ関節も動くのでポーズもどうにかなります。
付属のシールをピンセットで貼り付ければ
なかなかの出来栄え。

他にも食玩シリーズが多々あります。
いわゆる大人買いしますので
当然数が増えます。
小さいのは置き場所に困りませんが
ガンプラとなると、やはり厳しいですね。
また、スペースが出来ましたら買うかもしれません
ジオン軍の水陸両用のモビルスーツ
HG ゴック 
大きな手が特徴ですね。
大きな足と小さい頭も特徴でしょうか?
腕のジャバラと手が組み難い以外は
特に問題無し。
噴射ノズルと胴体中央のミサイル発射口
だけペイントしました。


HG ギャン

HG RX78ガンダム

これは食玩です

左がRX79陸戦ガンダム 右は付録のガンダム 

これは食玩です

HOME

ガブスレイ

Zガンダムに登場する機体 ガブスレイです。
これは、初期の単色モデルです。
色塗りが大変でした。
色が複雑で、黄色の塗料が透けてダメでした
かなり厚塗りになって酷い
HGも出ていたので、それを買った方が楽だった
かも・・・
この機体も飛行形状に変形するのですが
あまり格好良くないので、このスタイルにしました。
同時にパラスアテネも作ったのですが
塗装が無残で、ご紹介出来ないです。


HG 百式

ジオン軍 ドム 宇宙用と陸上用が存在する
まるで侍の様な外観 装備は、このジャイアント
バツーカ砲が迫力です。
HGグレードですが、他の機体に比べてパーツが
多くて、結構作りでがありました。

HG ドム

HG ゲルググ マリーネ

ジオン軍と言えば、シャー大佐
ゲルググも当然専用機で
ピンクというか赤と言うか・・・
と思ったら、マリーネと言う別物
シャーゲルググにしては、様子がおかしい
要は間違えて買ってしまった一品
再度買い変える気も無く、妥協
HGモデルなので、楽々組立
やはりシールが少ないのは残念

HG ゴック

アッガイ(左) ゾック(右)

サイコガンダムMKⅠ

サイコガンダムMKⅡ

HG GM